2008年08月29日

上・下位県が固定化=「習慣、指導に一定傾向」−学力テスト2年目・文科省

上・下位県が固定化=「習慣、指導に一定傾向」−学力テスト2年目・文科省8月29日17時5分配信 時事通信


 文部科学省は29日、小学6年と中学3年を対象として4月に実施した全国学力・学習状況調査全国学力テスト)の結果を公表した。都道府県別の平均正答率では、再開1年目の昨年度と同様、秋田、福井が上位だった一方、沖縄、北海道は振るわなかった。

 上位下位の自治体について、文科省は「子供の生活習慣、学校の指導などに一定の傾向が見られる」と分析。

上位の状況を参考に指導方法を改善するよう、各教育委員会や学校に促す考えだ。

 テストには国公立のほぼ全校が参加し、私立小中の参加率はそれぞれ47%、53%。参加人数は小6が約116万人、中3が約108万人だった。

 平均正答率は、小6の国語の「知識(A)」が65%、「活用(B)」が50%、算数Aが72%、Bが51%。中3では、国語A74%、国語B61%、数学A63%、数学B50%。同省は「活用する力に課題がある」と評価した。

 正答率は各分野で前回より8−16ポイント低下。同省は出題内容を難しくしたことなどを理由に挙げ「学力が低下しているとは言えない」としている。 

全国学力テスト 福沢諭吉の身長、「全然明るい」は正しい?

全国学力テスト結果公表、基本知識あるも応用力に課題

Yahoo!みんなのトピックス - トピック詳細 - 全国学力テスト 結果発表 ...

学力テストの都道府県別の順位 最上位は?最下位は? - エンタメ芸能新聞

「全国学力テスト」は何のため? 結果をどう受け止めればいい ...

播磨のいぢ:全国学力テスト結果発表 各都道府県順位1位秋田県 最下位沖縄


posted by ぴかママ at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
秋ですが・・熱中症には注意しましょう ・ 勉強しなくてもいいじゃん!! ★ そろばんの人気が復活しているそうです ☆ [エスカレーター]サンダル巻き込まれ骨折 5月以降40件 ☆ いわし・さんまの圧力鍋煮 ★ さんまを上手に焼く方法 ★ 電子レンジで「あじの開き」 ★ なす焼き ★ サクッうま♪さんまの甘辛炒め ★ ナスと豚肉のソテー ★ ケンタロウさんレシピ★蒸し鶏 ★ おくぞの流☆カンタンシュウマイ ★ おくぞの流らくうまレシピ ★ aji アジの魚ちゃん煮/a> ★ なすとひき肉のパスタ ★ 簡単チャーシュー ★ ぴかままお料理カタログ ★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。