2008年09月07日

テレビ寺子屋・第1595回「決心からすべてが始まる」

東海テレビ・ テレビ寺子屋

古賀稔彦さん

古賀稔彦さんについて

1967年佐賀県出身。中学に進学と同時に上京し「講道学舎」に入門。日本体育大学進学後“平成の三四郎”の異名をとり、全日本選抜体重別選手権や世界選手権を制する。バルセロナ五輪で金メダル、アトランタ五輪では銀メダルを獲得。現役引退後、全日本女子柔道強化コーチなどを務める

会場/古賀塾(神奈川県川崎市)

講師/柔道家 古賀稔彦

第1595回「決心からすべてが始まる」

バルセロナ五輪では、直前の練習で負った怪我というハンデを乗り越えて金メダルを獲得しました。決勝は判定まで持ちこまれたので、私の方に旗が揚がった瞬間、頭が真っ白になりました。怪我やソウル五輪での敗退があったので、いろいろな感情や思い出を作ってくれた金メダルだったと思います。



ソウル五輪で負けて日本に帰ってきた後、あるテレビ番組で、応援に来ていた両親が観客の人たちに一生懸命謝っている姿を見ました。そのときに、両親に2度とこんな思いをさせてはいけない、そして必ず金メダルをとると心に決め、4年後のバルセロナを目指しました。つらいこともありましたが、この決心のおかげで前向きに頑張れました。人生において誰でも目標があります。それを達成するためには、強い決心が必要です。

柔道を通じて人との出会いや努力の大切さ、喜びや悲しみといった様々なことを学びました。それを後輩や子どもたちに伝えたいと思い、引退後、柔道場を作りました。ここでは、当たり前のことを当たり前のようにできる子に育って欲しいと「塾五訓」を掲げています。「はいと言う素直な心」「ありがとうございますと言う感謝の心」「私がしますという奉仕の心」「すみませんと言う反省の心」「おかげさまと言う謙虚な心」の5つです。そして、できるだけ言葉や行動にできる人間に育って欲しいと思います。

テレビ静岡7月26日放送

◆努力が大きければ大きいほど、勝っても負けても、その瞬間の思いは強くなる。

◆決心をどれだけ強くもてるか、継続できるか・・
負ける、失敗しても無駄にはならない・・・
大切なのは、挑戦を始めてからの過程が収穫になる、努力を次に生かそう・・


posted by ぴかママ at 05:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ寺子屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
秋ですが・・熱中症には注意しましょう ・ 勉強しなくてもいいじゃん!! ★ そろばんの人気が復活しているそうです ☆ [エスカレーター]サンダル巻き込まれ骨折 5月以降40件 ☆ いわし・さんまの圧力鍋煮 ★ さんまを上手に焼く方法 ★ 電子レンジで「あじの開き」 ★ なす焼き ★ サクッうま♪さんまの甘辛炒め ★ ナスと豚肉のソテー ★ ケンタロウさんレシピ★蒸し鶏 ★ おくぞの流☆カンタンシュウマイ ★ おくぞの流らくうまレシピ ★ aji アジの魚ちゃん煮/a> ★ なすとひき肉のパスタ ★ 簡単チャーシュー ★ ぴかままお料理カタログ ★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。