2009年06月03日

出生率1.37、3年連続上昇=人口減少幅は戦後最大−厚労省

出生率1.37、3年連続上昇=人口減少幅は戦後最大−厚労省6月3日16時12分配信 時事通信

 2008年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数の推計値)は1.37で、07年を0.03ポイント上回ったことが3日、厚生労働省の人口動態統計で分かった。

ただ人口の減少傾向は加速しており、減少幅は過去最大となった。

 出生率の上昇は3年連続で、出産適齢期の女性の数自体が減ったのが数値の主な押し上げ要因。出生数は前年比1332人増の109万1150人で、うるう年だった特殊要因を除けば、実質的には微減という。20〜34歳の女性で出産は減り、35歳以上で産む人が増える傾向が続いた

 一方、死亡数は同3万4133人増の114万2467人で戦後最多となった。出生数から死亡数を差し引いた「人口の自然増減数」は5万1317人のマイナス。前年の減少幅の3倍近くで、人口の減少ペースが加速した。自然増となったのは、都市部を中心とした9都府県だけだった。

出生率(しゅっしょうりつ、しゅっせいりつ)とは、人口学において、一定人口に対する、その年の出生数の割合をいう。通常、人口1000人あたりにおける出生数を指す。これは普通出生率または粗出生率(crude birth rate、CBR)と呼ばれる。これに対し、合計特殊出生率(total fertility rate (TFR )、または total period fertility rate (TPFR ) )という概念もあり、単に「出生率」といった場合、一般的には合計特殊出生率を指すことが多い。出生率は発展途上国で高く、先進国で低い傾向がある。

出生率 - Wikipedia

出生数及び合計特殊出生率の推移

★★★

鼠先輩、今年限りで芸能界引退へ 「パッと散るのが定め」と意志固く
村上春樹7年ぶりの大作「1Q84」バカ売れ

全商品の半分が990円以下に!ジーユー驚きの“新価格戦略”


posted by ぴかママ at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出生率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
秋ですが・・熱中症には注意しましょう ・ 勉強しなくてもいいじゃん!! ★ そろばんの人気が復活しているそうです ☆ [エスカレーター]サンダル巻き込まれ骨折 5月以降40件 ☆ いわし・さんまの圧力鍋煮 ★ さんまを上手に焼く方法 ★ 電子レンジで「あじの開き」 ★ なす焼き ★ サクッうま♪さんまの甘辛炒め ★ ナスと豚肉のソテー ★ ケンタロウさんレシピ★蒸し鶏 ★ おくぞの流☆カンタンシュウマイ ★ おくぞの流らくうまレシピ ★ aji アジの魚ちゃん煮/a> ★ なすとひき肉のパスタ ★ 簡単チャーシュー ★ ぴかままお料理カタログ ★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。