2009年06月09日

出生率増 子育て環境の今後

出生率増 子育て環境の今後- 2009.06.08 11:01 ココログニュース

減少傾向が続いていた出生率が3年連続で増加した。2005年に1.26と過去最低だった合計特殊出生率が2008年は1.37になったというのだ。少子化が進む日本としては吉報ではあるが、この出生率の増加を手放しに喜べない実情がある。

このデータの気になる点をいくつか挙げてみると、調査期間が2008年までとなっていることだ。昨年はうるう年であったため、1日分が加算されたことに加え、昨年後半からの景気後退の影響がこの中には含まれていない。こうした事実に対して「世の中の景気と(中略)2〜3年ずれるような気がしますので再来年くらいに恐ろしい数値がでそうです」(みかん箱デスク)という指摘もある。また、出産期の女性数が減っているため、合計特殊出生率の母数が減少しているという事実も考慮しなければならない。

結局、出生率は上がっても少子化は進んでいるという状況なのだ。『どうなってるの!』のブロガーが「これまでの出生率の低下とあわせて、悠長に検討する余裕は日本にはないと思う」と指摘するように、このままのペースで行けば、国を支える人口に深刻な影響が及ぶことは明らか。国もさまざまな子育て支援策を検討しているようだが、『旅人の日常〜子育て日記〜』のブロガーが「出生率の上昇は『少子化対策』の効果だとは全く思えませんね」と述べるように、国民にはその明確な効果も、将来へのビジョンも残念ながら見えてこない。出生率の増加に変化が見られた今こそ、国民が納得できるような少子化対策の指針を打ち出し、子どもを産み、育てやすい社会環境作りに迅速に取り組む時期ではないだろうか。

(ひろ)

★★★

お笑いコンビ・はんにゃが“月9”ドラマで初レギュラー出演&本格俳優デビュー
「1Q84」が100万部突破
サンドウィッチマン・富澤たけし、今年4月に結婚していた


タグ:出生率
posted by ぴかママ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出生率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
秋ですが・・熱中症には注意しましょう ・ 勉強しなくてもいいじゃん!! ★ そろばんの人気が復活しているそうです ☆ [エスカレーター]サンダル巻き込まれ骨折 5月以降40件 ☆ いわし・さんまの圧力鍋煮 ★ さんまを上手に焼く方法 ★ 電子レンジで「あじの開き」 ★ なす焼き ★ サクッうま♪さんまの甘辛炒め ★ ナスと豚肉のソテー ★ ケンタロウさんレシピ★蒸し鶏 ★ おくぞの流☆カンタンシュウマイ ★ おくぞの流らくうまレシピ ★ aji アジの魚ちゃん煮/a> ★ なすとひき肉のパスタ ★ 簡単チャーシュー ★ ぴかままお料理カタログ ★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。