2007年07月22日

日本脳炎、厚労省が注意喚起…予防接種減で免疫ない子供増

今年の初めから5月にかけて、15歳以上の子供達にはしか麻疹)が大流行しました。

はしか麻疹)の流行の原因のひとつが、その年代のはしか(麻疹)の予防接種率が低かった・・ということが挙げられていました。

厚生労働省は20日、日本脳炎の予防接種の低下によりこの病気の免疫を持つ0〜4歳の子供の割合が2割以下まで低くなっているとして、子供らが日本脳炎ウイルスを媒介する蚊に刺されないよう、ホームページで注意喚起を始めました。

日本脳炎はウイルスによって脳が侵される病気。

ウイルスを持つ豚などの動物を刺した蚊が、人を刺すことで感染します。
感染しても発症するのはまれだが、意識障害の症状を起こすと20〜40%が死に至るとも言われています。
回復しても半数に、知能障害や手足のマヒなど重い後遺症が残る恐れがあるそうです。

日本脳炎予防接種法に基づき、定期接種の対象の感染症となっているが、厚生労働省は2005年5月に、接種後に重い副作用が出たとして、積極的な勧奨を控えるよう、市町村に勧告。希望者は接種できるが、4歳以下の接種率は06年度で30%を下回っており、免疫を持たない子供らが増えているそうです。

確か、我が家の息子は、日本脳炎予防接種を受けているはずですが、これから確認しますー。


日本脳炎、厚労省が注意喚起…予防接種減で免疫ない子供増
7月21日11時19分配信 読売新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070721-00000002-yom-soci

厚生労働省日本脳炎ワクチン接種に係るQ&A http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/nouen/index.html

<はしか>15歳以上の患者、最多に 国立感染症研究所
<はしか>患者数、流行開始以来初めて減少 ピーク越える



posted by ぴかママ at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
秋ですが・・熱中症には注意しましょう ・ 勉強しなくてもいいじゃん!! ★ そろばんの人気が復活しているそうです ☆ [エスカレーター]サンダル巻き込まれ骨折 5月以降40件 ☆ いわし・さんまの圧力鍋煮 ★ さんまを上手に焼く方法 ★ 電子レンジで「あじの開き」 ★ なす焼き ★ サクッうま♪さんまの甘辛炒め ★ ナスと豚肉のソテー ★ ケンタロウさんレシピ★蒸し鶏 ★ おくぞの流☆カンタンシュウマイ ★ おくぞの流らくうまレシピ ★ aji アジの魚ちゃん煮/a> ★ なすとひき肉のパスタ ★ 簡単チャーシュー ★ ぴかままお料理カタログ ★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。