2007年10月17日

<エスカレーター>小3が首挟まれ意識不明に 神奈川

<エスカレーター>小3が首挟まれ意識不明に 神奈川
10月16日20時23分配信 毎日新聞



小学生が首を挟まれた現場のエスカレーターを調べる神奈川県警の捜査員=神奈川県平塚市の西友平塚店で16日午後4時59分、

 16日午後4時10分ごろ、神奈川県平塚市東中原1のスーパーマーケット「西友平塚店」(山室茂雄店長)で、近くの会社員、会田陽彦さん(49)の長男卓矢君(9)=同市立松が丘小3年=が、地下1階から1階へ上るエスカレーターの手すりと事故防止用のアクリル板の間に首を挟まれた。気づいた店員が緊急停止装置を作動させて卓矢君を救出した。卓矢君は病院で手当てを受け、命に別条はないが、意識は戻っていない。

 調べでは、エスカレーターは10度の傾斜がついた段差のないスロープ型で、全長32.5メートル、幅約1.32メートル。卓矢君は同級生2人と乗っていた。地下1階のフロアに50円硬貨を落とし、手すりから身を乗り出し下をのぞきこんでいたところ、エスカレーターの手すりとアクリル板(幅145センチ)との間にある約15センチのすき間に首を挟まれた。

 卓矢君はそのまま約1.5メートルひき上げられたところでエスカレーターが緊急停止した。アクリル板はエスカレーターの中間付近に2枚設置され、手前は可動式で奥は固定されていた。

 店員らによると、卓矢君はエスカレーターの側面とスロープとの間のへり(幅12センチ)に足を乗せて弾むようにしていて、硬貨を落としたらしい。首を挟まれたアクリル板には血が付着し、同級生が「大丈夫か」と問いかけたが、卓矢君はぐったりして動かなかったという。卓矢君は18日に予定されていた遠足に持っていくおやつを買った後、地下1階のゲームコーナーで遊んで帰宅する途中だった。

 エスカレーターはシンドラーエレベータ社製で、分速30メートル(秒速50センチ)で動いていた。同店では「ベルトからは顔や手を出さないように」と注意を促す放送を流していた。利用客は「親は荷物を持っているので立っているが、子供は自由に動き回ることがある」と話していた。

 同日夜、同店で西友の広報担当者は「こうしたことが起こるとは想定しきれていなかった」と話し、同型機が設置された別の4店舗でも使用を取りやめ、安全を確認していることを明らかにした。事故のあったエスカレーターはステップに一定の負荷がかかると自動停止するが、今回は停止しなかったという。卓矢君が首を挟まれたアクリル板は05年4月の開店時から、建築基準法に基づき設置していたという。【堀智行、山衛守剛、渡辺明博】

最終更新:10月17日1時3分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000138-mai-soci
posted by ぴかママ at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
秋ですが・・熱中症には注意しましょう ・ 勉強しなくてもいいじゃん!! ★ そろばんの人気が復活しているそうです ☆ [エスカレーター]サンダル巻き込まれ骨折 5月以降40件 ☆ いわし・さんまの圧力鍋煮 ★ さんまを上手に焼く方法 ★ 電子レンジで「あじの開き」 ★ なす焼き ★ サクッうま♪さんまの甘辛炒め ★ ナスと豚肉のソテー ★ ケンタロウさんレシピ★蒸し鶏 ★ おくぞの流☆カンタンシュウマイ ★ おくぞの流らくうまレシピ ★ aji アジの魚ちゃん煮/a> ★ なすとひき肉のパスタ ★ 簡単チャーシュー ★ ぴかままお料理カタログ ★