2008年06月08日

グーを開けばパーになる★テレビ寺子屋

テレビ静岡テレビ寺子屋より・・

苦しいから、楽しい山登り・・・車で行けば簡単・・でもそれだけでは味わえないこともあるんだよ・・結果を得ることだけを急がないほうがいいのではないか。

グーを開けばパーになる・・・ グー=自分が、自分がと主張しすぎず、パーと心も目も開いてみると・・視野も広がるし、心も開放される・・・

遊べない・学べない・働けない・・幼児期の遊びの中に、学び・働きも含まれている

★★★

テレビ静岡テレビ寺子屋

☆講師紹介:和田重良
1948年小田原市生まれ。東京教育大学卒。NPO法人くだかけ会代表として、くだかけ生活舎(神奈川県山北町)にて、青少年とともに共同生活を送っている。大人も子どもも共に育つことを願いとし“自信”よりも“安心”に重点をおく「くだかけ」の活動を続けて、青少年の良き相談相手になっている。
☆番組で紹介した本
「子ども版人生タネの本」著:茂吉(和田重良) くだかけ会 1,050円(税込)

◆テレビ静岡5月3日放送◆

第1583回「自分に出会って大人になる」

私は「14歳」ということをテーマに家庭教育に関わる活動をしています。この時期の一大テーマは「大人になる」ということです。しかし、体はもちろん、精神的にも急激に変化するこの時期に、日本の子ども達は「受験」に全力を注いでいるのが現状です。


そんな子どもたちに見られる特徴は、「遊べない・学べない・働けない」です。

これらは大人になるために必要な要素ですが、幼児期に十分に遊んでいないため、その中から学ぶ機会も少ないですし、自ら働こうという意欲も備わりません。

学校を卒業し、社会人になれば社会的に見たら大人になったと言えるでしょう。しかし、人間として大人になるためには、もっと大切なことを「14歳」頃の思春期に知るべきだと思います。

例えば、感情のコントロールができるということです

私の主宰する生活舎に、何でもすぐに「嫌い」で片付けてしまう子どもがいます。しかし、嫌いでは発展するものがありません。大人になるには、何事もまず知る、そのために自分の感情だけですべてを決め付けないようにならなければいけません。

もう一つ、私がよく言うことがあります。

グーを開けばパーになる」ということです。

自分の考えだけに偏らず広い視野で色々な物事を見られるようになろうということです。いずれにしても、「14歳」という成長の時期にこのようなことを知ることが、その子の財産になるのではないでしょうか。

テレビ静岡5月3日放送◆

テレビ寺子屋★杉山亮さん「子供をみがく道具のヒミツ」

テレビ寺子屋★親野智可等さん「ほめるチカラで子を伸ばす」

テレビ寺子屋★親野智可等さん「子どもを叱らない工夫」

テレビ寺子屋★親野智可等さん「ほめるチカラで子を伸ばす」





posted by ぴかママ at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ寺子屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
秋ですが・・熱中症には注意しましょう ・ 勉強しなくてもいいじゃん!! ★ そろばんの人気が復活しているそうです ☆ [エスカレーター]サンダル巻き込まれ骨折 5月以降40件 ☆ いわし・さんまの圧力鍋煮 ★ さんまを上手に焼く方法 ★ 電子レンジで「あじの開き」 ★ なす焼き ★ サクッうま♪さんまの甘辛炒め ★ ナスと豚肉のソテー ★ ケンタロウさんレシピ★蒸し鶏 ★ おくぞの流☆カンタンシュウマイ ★ おくぞの流らくうまレシピ ★ aji アジの魚ちゃん煮/a> ★ なすとひき肉のパスタ ★ 簡単チャーシュー ★ ぴかままお料理カタログ ★
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。